SSブログ
前の10件 | -

新レイアウト構想 [レイアウト]

常に住宅事情を抱えていたので、一番最初に作ったのはZゲージのレイアウト。
blog002202.jpg(既掲載)
架線集電で2系統で運転できるようにしました。
実際は、メンテナンスが大変で、パンタグラフは上げますが、線路から集電。
並行して日本型Nゲージ、トランクケースにZゲージも作成。

やはりメルクリンHOのレイアウトを作りたい!
blog003571.jpg
ラックの上に空中レイアウトを作成。
脚立に乗って楽しんでいました。
架線集電はしたい。
リバース線はほしい。
ヤードに長めの編成を止めたい。

blog001585.jpg
高架に上がってくるところ。
長さをとるための盲腸ヤードとリバース線を設置。

blog001918.jpg
高架のリバース線。

引っ越しを機に、解体して新たに作ることに。
blog002603.jpg
今までの要件に加えて、複数列車を同時に行きかわせたい。
ターンテーブルを付けたいを実現。
左下のヤードは、地上げに難航して未実現。

blog003015.jpg
リバース線の分岐の先にも、オーバルを設置。

blog003016.jpg
ターンテーブル、その左を1Fのリバース線が通ります。

blog003017.jpg
オーバルは3車線で、2Fと合わせて、4列車同時に運転可能。
一番外側は2Fから1Fへの渡線。

blog003018.jpg
オーバル3車線から4車線の停留所。
右に3車線のヤード。

構想中のプラン
blog003570.jpg
単純なオーバルではなく、八の字で周回に変化を入れ、距離を出す。
1Fはできるだけ留置場を引き回して、常駐できる列車を増やす。
同時運転は2列車とする。
4列車同時に走らせても、個々の制御に手が回らず、
遊園地みたいで取りやめ。
こんなことを考えています。
タグ:メルクリン
nice!(0)  コメント(14) 

五色沼 [旅行]

新車が来れば、最初の長距離は、何となく五色沼が慣例化。
往復で7、800㎞くらいで、日帰りドライブにはもってこい。

blog003564.jpg
横浜横須賀道路 朝比奈ICから首都高湾岸線、葛西JCT、中央環状線で北上。
川口線から東北道、日光宇都宮道路で今市ICで降りました。
いつもは高速で磐越道で行きますが、R121(西会津街道)で会津若松を目指します。

blog003565.jpg
東武鬼怒川温泉駅当たりの高架を通過中に煙を発見。
駅に寄り道して「大樹」を見ることができました。

blog003566.jpg
さらに北上すると龍王峡がありました。

blog003567.jpg
滝があったりときれいな渓谷です。
想像より穏やかな道路で、交通量も少なくなく、ちょっと期待外れ。
栃木・福島県境を挟んで鬼怒川と阿賀野川分水嶺。
若かりしきころ尾瀬に通った会津田島駅を通り、
途中の道の駅などで地場野菜などを購入。

blog003568.jpg
会津若松に入り、鶴ヶ城を横目で見ながら、
ちょっと遅めのお昼、満田屋さんで田楽セットをいただきました。
和菓子を買い求めましたが、高価で断念。

blog003569.jpg
五色沼を目指して、山湖台から猪苗代湖を望みます。
目的地を諸橋近代美術館にして、17時の閉館前にと目指します。
992のナビは途中から、きわめて狭い脇道に誘導。
出たのは川を挟んでの美術館の裏側。
目の前にありますが、行けません。
この迷路から脱出に30分くらいかかり、もはや時刻は16:30。
入館を断念して、帰宅することに。

全走行距離740km
うち高速・自動車専用道路合計:547.3㎞(約74%)
朝比奈IC-葛西JCT-江北JCTー今市IC:213㎞
猪苗代磐梯高原ICー江北JCTー熊野JCTー朝比奈IC:334.3㎞

使用燃料:67.48L
燃費: 10.96km/l
高速の比率が高いと10km/lを超えてくれます。
慣らし運転ということもありますが。
nice!(0)  コメント(0) 

Porsche 911 Carrera Cabriolet(992)初走行 [車]

納車されて当日は、近所を10分くらい走っただけでした。
慣らし運転は、4,000rpm以内で3,000㎞ですのでとりあえず、
交通安全祈願を兼ねて、出かけました。

blog003559.jpg
左がボクスターのキーで、差し込んでひねって始動させます。
右が911のキーで、ロックの機能はありますが、差し込みません。
992でワイドボディになって、後ろのフェンダーが張り出した分、キーも?

blog003563.jpg
始動は、ボタンではなく、このノブをひねって行います。

blog003560.jpg
愛宕に所要があって、横浜横須賀道路の逗子インターから首都高湾岸線、
レインボーブリッジを渡って、汐留出口へ。
お昼になったので、関西風のうなぎという銀座「にょろ助」さんで、うな重。
初めてでしたが、「上」1匹で¥3,000でおいしかったです。

blog003561.jpg
首都高銀座から横羽、狩場経由横浜新道、新湘南バイパス、圏央道。
寒川北で降りて、寒川神社でお祓いをしてもらいました。
ワインディングロードを走ろうと箱根へと思いましたが、
あいにく西湘バイパスは、リニューアル工事中。
途中の小田原で降りることになり、相当の渋滞中もあって、
寒川北から新東名、東名で足柄SA ETC出口経由で、アウトレットに行くことに。

blog003562.jpg
夕暮れ時できれいな富士山が見えました。
帰りは、箱根路でとR138で乙女峠越え、箱根湯本から西湘バイパスを目指すも、
通行止めで1号線経由で小田原ICから入り、R134で帰宅。

全走行距離364km
うち高速・自動車専用道路合計:183.8㎞(約50%)
 逗子IC-汐留JCT:60.6㎞
 銀座IC-戸塚警察:45.1㎞
 藤沢IC-寒川北IC:10.7㎞
 寒川北ICー足柄SA:50.0㎞
 西湘小田原ICー大磯東IC17.4㎞

使用燃料:43.64L
燃費: 8.34km/l
予想よりはるかにいい数値でした。
nice!(0)  コメント(0) 

Porsche 911 Carrera Cabriolet(992) [車]

昨年の10月22日にオーダーし、約7か月かかって納車されました。

blog003556.jpg
ボディカラー:アベンチュリン グリーン メタリック
ルーフカラー:ブラウン
買い換えのマカンGTSがカーマインレッド、
オーソドックスなカラーか、インパクトのあるカラーか悩みましたが、
試乗車がこのカラーで、気に入りました。

blog003557.jpg
主なオプション
・スポーツクロノ パッケージ
・スポーツテールパイプ
・20/21インチ Carrera Sホイール
・レーンチェンジアシスト
・イオナイザー
・シートベンチレーション
・スポーツ ステアリングホイール、ヒータ

マカンで付いていたオプションで今回つけなかったもの
・アダプティブ スポーツシート、18way 電動調節、メモリーパッケージ
(初期設定をしてほとんど使うことがなかった。シートも標準で十分)
・スポーツエグゾーストシステム
(いつも付け忘れ、911のフラット6は素で十分いい音)
・レーンキープアシスト
(長距離運転時の居眠り運転にと思ったが、ほぼ未使用。)
・アダプティブ クルーズ コントロール
(マカンと同機能で進化なしで見送った。渋滞時必須のstop&goの機能なし。
 前車が退いた時のタイムラグと急激な加速、追いついた時の急接近など性能が良くない。)
オプションは、きりがないので、不要なもの、不十分なものをカット。
そもそも車の性格上、また運転スタイルから、走行車線を前車に合わせて巡行しない。

blog003558.jpg
素のCarreraで十分と思っていましたが、Carrera SとCabrioletで迷いました。
Sは足回りの違いにより快適?乗り心地がいい?かつ高性能。
そもそもスポーツカー、カミさんのガタビシのBoxsterより乗り心地がいい。
公道では性能の違いがよくわかりませんでした。
価格差はなんと300万円くらい!
992でよりCabrioletがクーペの形状にラインに近づいたことと、
オープンカーの独自のドライブフィールがいいとCabrioletにしました。

nice!(0)  コメント(0) 

Lokshopから届きました。 [メルクリン]

ここんところ、単なるコレクターで、気になる製品はぼちぼち購入していました。
届きましたと言っても、随分前ですが。

blog003552.jpg
レイアウトのリニューアル用の牧草地のシート、田舎道。
やっと出た日本向けの電源。パッケージに日本語のシールも張ってました。

blog003553.jpg
レイアウトは、Epoche III、IVのスイスの情景想定かな。
#39422 Re 4/4
手すりの黄色が映えて、青がきれいです。

blog003554.jpg
#39706 Dieseltriebzug RAm TEE "EDELWEISS"
何年も前のTRIXは持っていましたが、やっとでました。

blog003555.jpg
#88544 103.1
ブログのトップ画像にするくらいですから、ついゲージにかかわらず手が出ます。
nice!(0)  コメント(0) 

シトロエン C6 [車]

気が付けば、6年以上放置していました。
思い起こせば、タンスにのっけていたダンボー箱が、
レイアウトを直撃して、衝撃的なショックを受けました。
それに仕事の忙しさも加わり、今日に至りました。
コロナ禍でのリモートワークなど環境の変化もあり、
レイアウトの再建、というかリニューアルをしようと思い立ちました。
出来事、環境の変化が意識・行動を変えますねぇ。

blog003549.jpg
1年ぶりにSUPER GT第二戦の富士スピードウェイに行ってきました。
やはり世相を反映して、ものすごいキャンパーが観戦していました。

blog003550.jpg
シトロエン C6です。
シトロエンがりハイドロニューマチックサスペンション車両の製造計画がないと発表しました。
エアスプリングと油圧シリンダーおよび油圧ポンプを組み合わせた独自のサスペンション。
宇宙船に乗っているようなと揶揄される電子制御スプリング&ダンピングシステム、
「ハイドラクティブIIIプラス」搭載の最後の大型サルーン。
AピラーからCピラーへの曲線美、それを実現するための凹面のリアウィンドウ。
これほど「DS」「CX」「XM」から続く、これほどフランスらしい車はないのではと思います。
連接構造のTGVはじめ車両のデザインにも通じるものがあります。
フランスの第23代大統領ニコラ・サルコジは、公用車として使用。
機能、性能で選ぶならドイツ社と言われますが、その傾向で車を選んできました。
その対極ともいえるC6にずっと憧れ、興味を持っていましたが、
2010年前半で輸入停止、在庫車の完売をもって販売終了とのことで、
試乗させていただきましたが、走り系の未練と高価で手が出ず諦めました。

blog003551.jpg
3年ほど前に、友人から譲ってやってもいいということで、
2007年5月登録のC6を手に入れました。
エンジンは3.0L V6ガソリンエンジンは、自然吸気で215psと30.5kgmを発生。
ターボ全盛でダウンサイジングが進む今の車からすると、かなりの低スペックですね。
決して早い車ではありませんが、直進性と乗り心地はピカイチです。
後席は、FFゆえデフの出っ張りもなく、一番眠くなる車と言われるだけのことはあります。
ドライブフィールは、浮いているような優雅そのもの。
キビキビ走る私が、走り方を変える車があるんだと初めて思いました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

梅小路蒸気機関車博物館 [旅行]

1月27日広島、京都出張してきました。
ANA 673便 羽田発 08:15に搭乗。

最近は、有名料理店、レストランとの機内食コラボはなくなっていましたが、
復活したようです。
blog003534.jpg

加えて一部の羽田発では、容器も正方形から長方形に代わり、
片方は過熱して出してくれます。
冬場は冷たい弁当はきつかったので、ありがたいです。
blog003535.jpg

久々に山頂まできれいに見えました。
冬場でもクリアに見える日は少ないです。
blog003537.jpg

駿河湾から、伊豆半島がきれいに望めました。
blog003538.jpg

昼過ぎに、「のぞみ」で京都に到着。
梅小路機関車博物館の入口は、「旧二条駅」の移築とあります。
blog003539.jpg

初めて見る「C62 2」スワローエンジェル。
小学生のころは、急行「ニセコ」として、運用されていて、
小樽-長万部間で前補機として、先頭に立っている情景が思い出されます。
blog003540.jpg

北海道に行きたい!と思いつつ実現しませんでした。
Nゲージで揃えたり、16番では、ニセコを再現しようと、
ブラスのキットをそろえたりしましたが、金属のままです。
blog003541.jpg

運よくスチーム号として、体験乗車に巡り合えました。
乗りたい?撮りたい?
栄光の「はと」「つばめ」の牽引機、特別甲線用の機関車にトロッコは・・・・・。


構内の往復運転の後、トロッコを切り離して、
ターンテーブルで3周してくれます。
blog003542.jpg

その後、引き込み線に入って、ばっちり撮影させてくれます。
blog003543.jpg

折角の動態保存なので、山陰線でちゃんと客車を引かせて復活させるかできないですかね?
他にも動態保存がありますし。
インバウンドで外国人も増えるので、大人気になるかもです。
blog003544.jpg

C51
blog003545.jpg

C53
これは、最初にキットで組み立てて塗装した機関車です。
blog003546.jpg

C59
blog003547.jpg

C11、後ろにD51 1ナメクジですか??、8620
blog003548.jpg



大井川鉄道 [旅行]

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
年末年始は、サザンの年越しコンサート、ゴルフくらいで、遠出はしませんでした。
三連休でもしかしたらと調べてみると、大井川鉄道のSLが運転していましたので、
一度はと思っていましたので、昨日に出かけました。

定期運行についていたSLは、小学生のころの関西本線D51、
和歌山線のC58と貨物列車を撮影に行ったことを思い出しました。

新東名の島田金谷ICを降りて10分ほどで、大井川鉄道の新金谷駅です。
駐車場の奥に操車場がありました。
blog003513.jpg

転車台にはC12、C11、C10はいましたが、C56は見当たりません。
blog003514.jpg

blog003516.jpg

E10もいます。
blog003515.jpg

うまくC11 190が出てきました。
止まるときは、動輪をロックしするんですね!!


SL館で予約のSL急行券800円と折角なので井川線までの周遊きっぷを4,200円で購入。
二人で1万円と、なかなかの出費です。
往路は、SLを使わず、井川線まで行きたいので、
一本早い11:09発「千頭」行普通電車に乗ります。
南海のズームカー21000系です。
実家で子供頃、これが高野山行で来ると嬉しかったです。
4両編成でフルパンタグラフ、電動車で急勾配に臨んでいました。
その後、2パンタ化されましたが、今は元のシングルパンタに戻っています。
blog003517.jpg

喜んで乗車すると、「金谷」行で逆方向でした。
そうこうしていると、「千頭」行がやってきました。
これも懐かしい、近鉄南大阪線、吉野線を走っていた16000系です。
blog003518.jpg

河川域の大きい大井川沿いをゆっくり走ります。
blog003519.jpg

ノエルと小太郎は、ゲージでぐったり。
blog003520.jpg

一時間ちょっとの12:17に千頭に到着。
ここからは、井川線、南アルプスあぷとラインに乗り換えです。
12:28分発「接阻峡温泉」行に乗車。本来は「井川」までですが、災害で手前まで。
ディーゼル機関車+客車3両でプッシュで登っていきます。
先頭はクハで制御運転台付です。
blog003521.jpg

「川根小山」駅で行き交え。
車両が小さいので狭く見えますが、
以外にも狭軌の標準、JRと同じ1,067mmです。
blog003522.jpg

橋の名前は忘れましたが、見事なアーチ橋。
blog003523.jpg

「アプトいちしろ」-「長嶋ダム」の1駅間で後補機が付きます。
この区間だけ、電化されていて、後補機はアプト式電気機関車です。
blog003524.jpg

後補機の連結とアプト区間走行、列車交換風景。
例の先頭の制御車は、この電気機関車とディーゼル機関車のダブル制御。
井川線は、奥が深いです。


90‰(パーミル)、1000mで90m上る急勾配です。
振り返ってみるとものすごい上りです。
このアプト区間は、平成の最新長島ダムの完成で、
旧井川線が水没するため、平成2年からの運用だそうです。
blog003525.jpg

13:20に「長島ダム」駅で下車。100m超の大きなダム。
ダムに賛否両論ありますが、車掌さんは、家が流されたり、
畑が水没などずっと大変だったが、ダムのおかげで安心できると言っていました。
水量が激減したところは、寂しいですね。
blog003526.jpg

折り返し13:29「千頭」行で戻ります。
今度は、補機が先頭に立ちます。
碓氷峠みたい。
blog003527.jpg

14:21に「千頭」に到着。
いよいよC11 190です。
blog003528.jpg

機関室。
blog003529.jpg

足回りは、新たに鋳造したのでしょうか?
整備だけでは、これだけきれいにはならないかも。
blog003530.jpg

14:53に「新金谷」に向けて出発。
6割程度の乗車ですが、途中駅から団体乗車だそうです。
さすがに乗車したことがない、オハ35の車内。
blog003531.jpg

「川根温泉」をでると温泉から河原から手を振ってくれます。
blog003532.jpg

16:09「新金谷」に到着。
石炭でなく、練炭を使用しているそうです。
末永く走ってほしいものです。
blog003533.jpg

パリ・ブリュッセル [旅行]

12月13日から20日の旅程で、パリとブリュッセルに行ってきました。
16日火曜日に、日帰りでブリュッセルです。
ラファイエットから200mほどのホテルから、
地下鉄でPARIS NORDへ。
とりあえず、入線している列車を撮影。
ほとんどフランス車両は形式はわかりません。
blog003465.jpg

blog003466.jpg

blog003467.jpg

blog003468.jpg

blog003469.jpg

blog003470.jpg

8:01 PARIS NORD発 9:23 BRUXELLES MIDI着のThalys 9313
直行便で1時間 22分です。
blog003471.jpg

ケルン行と8+8の16両運行です。
blog003472.jpg

ユーロスターは別格、ゲートの検閲を通らないとホームに行けません。
blog003473.jpg

車窓の風景は、夜が明けず、また雨模様で、ブリュッセル到着まで望めませんでした。
ここで切り離し。
blog003474.jpg

まずは、トラムでグランプラスへ。
blog003476.jpg

有名な「小便小僧」。
blog003478.jpg

「王の家」では世界中の小便小僧の衣装を展示。
blog003479.jpg

ブリュッセルのレストラン街でも「おいしいよ」と日本語で声かけ。
ベルギーはシーフードということでパエリア。
blog003480.jpg

何より名物のムール貝。
バケツに山盛りで、50個以上はありました。
奮闘しましたが、ベルギービールを堪能したせいもあって、
パエリアともども完食できず。
ちなみに両方スモールサイズです。
blog003481.jpg

現国王の結婚式も行われた「サン・ミッシェル大聖堂」。
blog003482.jpg

多くのリースが置かれていました。
清掃の車の人が、何か言ってくれていましたが、
持ち帰っていいそうです。
blog003483.jpg

なかなかの荘厳さです。
blog003484.jpg

中に日本の風景がありました。
blog003485.jpg

グランプラスのクリスマス市。
ダントツでドイツですね。フランスもイマイチ。
blog003486.jpg

帰る前に18時からという、音と光のショーは見れないと思いながら戻ると、
blog003487.jpg

17時から15分間すばらしいショーが見れました。


空港経由フランクフルト行 ICE19
blog003488.jpg

18:13 BRUXELLES MIDI発 19:35 PARIS NORD着 Thalys 9470
行と同じ直行便で、同じ1時間 22分
blog003489.jpg

行と同じ。
blog003490.jpg

フランスらしい車内。
blog003491.jpg

また、ホームでパチリ。
blog003492.jpg

blog003493.jpg

blog003494.jpg
日帰りは、疲れました。

#39053 BR 05 Cab Forward,#46372鉄鉱石運搬車 [メルクリン]

#39053 INS/Stromlinien-Schnellzugdampflok BR 05 Cab Forward, DR, Ep. II
blog003455.jpg

発煙装置、機関士、先輪、後輪のカバーなどが付属。
blog003456.jpg

初めての流線型かつキャブフォワードです。
blog003457.jpg

曲線がきれいです。
早く入線させてあげたいですが、最近は在庫のまま・・・。
blog003458.jpg

#46372 * Erzwagen-Set, 6 Wagen
blog003453.jpg

スエーデンの三重連のDM3の追加として、DM2と出ていたものを配備。
貨車のバリエーションは楽しいですが、同一形式の長編成も憧れます。
少々追加しても知れていますが・・・。
blog003454.jpg
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。